最 新 情 報
オンライン予約

 観光旅行事業は、国民の外交を増進できるだけでなく、更に地方の経済的繁栄を促進できるということで、政府は、西暦1956年より観光事業の発展を力強く提唱し始めました。当時、全国的に著名なプレジデント関連グループの会長呉耀庭氏は、政府の召還に応じ、観光事業のサービス水準を向上させ、外国為替を奪取し、サービスコミュニティのチャンスを拡大するため、中南部地区で最初の現代の水準に適合した5つ星レベルの大型国際観光ホテルを組織しました。

 呉耀庭氏は、全国第1回好青年ベスト10に選出され、また、苦労の甲斐があり、国内外の事業において、8年の研究及び計画を経て、西暦1967年にホテル・キングダムの建設を着工させ、1年9ヶ月を経て建設を完成させており、西暦1968年10月21日に正式に開幕となり、翌年4月21日に正式に運営を開始し、国内外の来賓の方々に御祝福頂きました。ホテル・キングダムは、本国資金による最初の5つ星ホテルで御座いましたので、一大センセーションを起こし、ご来訪頂いた各国の商業者、政治家、有名人の方々は、非常に多く台湾の一大イベントとなりました。

 歴史を有する「ホテル・キングダム」は、当初国内で最初の鉄骨構造建築であり、高雄市の昔のままの建築物の中で特に目立っていました。敷地面積約500坪、ホテル総面積約5000坪、地下1階と地上15階に分れる建物は高さ約45mで、眺めが良く、昔は高雄のランドマークとされました。また300の豪華な客室のほかに、香港式、西洋式レストラン、バー、会議室、そして高雄市で最高レベルとされるステージ付き豪華宴会場もご用意しております。

 1階ロビーで最も目を引く世界電子時計は、銀色の金属円柱の上に地球が載っており、円柱の上に台湾の現在時刻が表示されます。この電子時計は、ホテル・キングダムがオープンした際に名ブランドSEIKOから贈られたもので、世界に2つしかない大変貴重なものです。

 四十何年の間、幾度となく経済危機や不景気に遭遇しながらも、幸い政府から賜った様々な措置と全スタッフ一丸となっての努力のおかげで、一切の困難を克服しました。同時に国内の経済の動きに合わせて、南部地区の経済活動に欠かせない役割を担い、国内外の工商団体と観光客が毎回の連絡、集会、宿泊に当ホテルを利用するようになったことで、南台湾に大変大きく貢献しています。

 「ホテル・キングダム」は、かつて塩埕区が賑わった時期には、数多くの外国人や商人が集まりました。高雄市の中心が移転したあとも、夜の五福四路で老舗PUBと「ホテル・キングダム」のみが営業を続けていました。「ホテル・キングダム」は塩埕区の繁栄の真っ只中を体験し、1960、70年代の人々共通の思い出となっています。時代が変わった今も「ホテル・キングダム」はランドマークとして高雄の人々から愛されています。